<煙病倶楽部>趣味丸出し

山口線を中心とした写真日記です、カメラ機材の話も少々…、                     大の得意技 ”放置” なので気長にお待ち下さいませ         ・・・、”趣味出し惜しみ”に名前変えよっかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誠意

001.jpg
デジカメwatchより

 シグマからSD1が大幅に値下げされて名前を追加しただけの仕様で新機種が発表されました
このカメラはセンサーの原価が非常にコストが高過ぎるみたいでして平気で50~60万円の
値付けで販売されていた商品を約20万円程度で販売可能に大変な企業努力の元、可能になった模様です、
しかし、殆んど同じ仕様のまま値段だけ猛烈に下げられて販売されると値下げ前に購入した人々は
無理を重ねて購入した人程怒りが沸いて来る事は容易に想像出来ます、

このSD1は画質に関しては私は気に入っており、購入候補に上がった事も多々有りますが
値段が原因及び要求連写速度の関係で購入を見送って来ていました、

しかし今回の値下げで一気に身近になると共に既に購入した方は実験台か?と思った矢先に
社長声明での現所有者に対する心配りに非常に心を打たれました、



http://www.sigma-photo.co.jp/news/120208_SD1Merrill_Message.htm


今まで、シグマのレンズは12-24や50-500等の大手カメラメーカーが発売していない様な
焦点距離に限って興味を持っており、他は見るだけで購入対象にはなり得ませんでした、
しかし、今回の社長声明は人柄が滲み出ており一発でシグマと言う会社のファンになるに十分でした、

私がミノルタレンズを好んで使用しているのはレンズの描写能力は言うに及ばずなのですが
技術者としての共感と言いますか、
世界第1級の技術と製品を持ちながらも宣伝がヘタクソで、一時は誰もが認める商品を作っていたにも関わらず
売り上げは落ち込む一方で時流にも乗り遅れて遂には事業から撤退の憂き目に陥った悲哀が
使わずにはいられない原因でもあります、
ミノルタは(コニカミノルタは除外)サービスセンターの対応も申し分が無い会社でした
その時の経験が今でもミノルタ製品を使い続けさせています
今回、シグマに同じ匂いを感じました。


正直、今回のシグマの社長声明は商売としては落第なのかもしれません、
しかし私は所有者では無いにも関わらず、人として企業として非常に親しみを持ってしまいました、
製品の出来、不出来は問題では無く、それとは関係無しに、この先は候補に上がり続けます
そんな心境にさせられるだけの誠意に溢れる文章でした。







ブログランキングに参加してみました
↓ポチっとお願いします、


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。