<煙病倶楽部>趣味丸出し

山口線を中心とした写真日記です、カメラ機材の話も少々…、                     大の得意技 ”放置” なので気長にお待ち下さいませ         ・・・、”趣味出し惜しみ”に名前変えよっかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二郎

妙に前の事が懐かしくなってしまいました、
その懐かしい対象は”ラーメン二郎”
私が蒲田に住んでいた時期は約2年弱、
その時は某飲食店の店長をしていました。

この時は20代後半で今思い出すと元気も有り余っている時期でした
朝、9時半から夜10時半迄、正に休憩無しで働き詰め!
それでも従業員に鉄道オタクが居て暇を見つけては鉄道談義!
当時は”横軽”が廃止されて僅かの時期だったので補機論争で
盛り上がりながら仕事をしていたものでした、

当時は関東一円を乗り鉄する事が楽しみで
武蔵野線、中央線、山手線、京浜東北線、等々適当に乗り鉄をしていました、
京葉線も全通したばかりだった記憶が有ります、(蒲田からディズニーシーに行った記憶が)
当時はバリバリの”ミノ虫”でα7700をバッグに忍ばせてNデジや1Dsに憧れながらミノからのデジ1を
待ち焦がれた思い出が懐かしいです、(ミノルタも今は撤退・・・)

結構、フイルムの数は消費した記憶は有るのですが何せ管理が悪過ぎて、
あっちへゴロゴロこっちへゴロゴロと納まりが付いていません、
当時は業務用フイルムが爆安だったのでコニカのフイルムを好んで使っていましたが、
未現像も多数有った記憶が蘇って来ます、
そして最近になって痛感するのが管理の大切さ・・・、

品川、田端、蒲田、新宿、横浜、川崎、新橋、と休日にフイルムを5~6本使い、
スナップを撮っていましたが、今になって猛烈に眺めてみたくなっています
当時は日韓ワールドカップで盛り上がっていた時期です。

京浜急行も羽田に分岐するのに一般道を単線で急に横切り、空港に向かうのに
車窓に驚きの連続だった事も書いていて思い出しました。




さて、前置きは置いときまして本題の二郎ですが
当時は店が10時に終わるので、片付けを早目に終わらせて
アパートに戻る途中にある二郎で食べて帰るのが楽しみでした。

いつも同じ時間に行き、注文するのも大盛+全部載せw

完全に顔を覚えられて、閉店の11時過ぎて通り過ぎて、のれんを収めていても
”いいよ~入って~”と入店した事は10回や20回では数え切れない程有りました、
今になって思うのは”常連”だったんだなと切に思います。

最近、近況をネットで調べると色々な事情で場所や名前が変わってしまっている模様ですが
次回、関東に行く時には当時を思い出しながら散策する予定です
当時は蒲田駅の横を歩いていると駅から蒲田行進曲が盛んに流れて来たり
113系15連湘南色が普通に走っていたり、209系青ラインが京浜東北線の主でした。

既に最後に関東に行ってから5年以上経過します、
意外と次の機会は遠いものです。


ユーモア



 少し検索をかけていると何故か出て来た動画です

普通は投稿動画で大笑いする事は殆ど無いのですが
コレは本気で笑い転げる寸前でした
やはり笑いは人を馬鹿にする事が笑いでは無く
遊びは本気で真剣が面白い事を再確認させて貰いました



誠意

001.jpg
デジカメwatchより

 シグマからSD1が大幅に値下げされて名前を追加しただけの仕様で新機種が発表されました
このカメラはセンサーの原価が非常にコストが高過ぎるみたいでして平気で50~60万円の
値付けで販売されていた商品を約20万円程度で販売可能に大変な企業努力の元、可能になった模様です、
しかし、殆んど同じ仕様のまま値段だけ猛烈に下げられて販売されると値下げ前に購入した人々は
無理を重ねて購入した人程怒りが沸いて来る事は容易に想像出来ます、

このSD1は画質に関しては私は気に入っており、購入候補に上がった事も多々有りますが
値段が原因及び要求連写速度の関係で購入を見送って来ていました、

しかし今回の値下げで一気に身近になると共に既に購入した方は実験台か?と思った矢先に
社長声明での現所有者に対する心配りに非常に心を打たれました、



http://www.sigma-photo.co.jp/news/120208_SD1Merrill_Message.htm


今まで、シグマのレンズは12-24や50-500等の大手カメラメーカーが発売していない様な
焦点距離に限って興味を持っており、他は見るだけで購入対象にはなり得ませんでした、
しかし、今回の社長声明は人柄が滲み出ており一発でシグマと言う会社のファンになるに十分でした、

私がミノルタレンズを好んで使用しているのはレンズの描写能力は言うに及ばずなのですが
技術者としての共感と言いますか、
世界第1級の技術と製品を持ちながらも宣伝がヘタクソで、一時は誰もが認める商品を作っていたにも関わらず
売り上げは落ち込む一方で時流にも乗り遅れて遂には事業から撤退の憂き目に陥った悲哀が
使わずにはいられない原因でもあります、
ミノルタは(コニカミノルタは除外)サービスセンターの対応も申し分が無い会社でした
その時の経験が今でもミノルタ製品を使い続けさせています
今回、シグマに同じ匂いを感じました。


正直、今回のシグマの社長声明は商売としては落第なのかもしれません、
しかし私は所有者では無いにも関わらず、人として企業として非常に親しみを持ってしまいました、
製品の出来、不出来は問題では無く、それとは関係無しに、この先は候補に上がり続けます
そんな心境にさせられるだけの誠意に溢れる文章でした。







ブログランキングに参加してみました
↓ポチっとお願いします、


双壁

滅多に遠征には出歩かない私ですが
去年は磐西にhinahinappさんを頼りに遠征して来ました


FC2DSC08435.jpg
α550 + 70-400G

地元の山口線では追っかけが基本スタイルの私ですが
遠征では一発入魂で片道一本でキッチリと仕事(?)して
失敗の無い様にと思う事が有ります



FC2DSC08457.jpg
α550 + MC TELE ROKKOR-QF 200mm F3.5

この日は将来に渡り「気に入った写真は?」と他の人に聞かれても即答出来る撮影が出来ました、
ひたすら撮影のイメージを重ね、一発入魂出来た撮影結果は大満足!
恐らくは、私ではこの場所ではこれ以上は望む事の出来ない結果です、

この時はhinahinappさんをはじめ、常連の方々に多大なるお世話になりました、
我が仲間の
写長さんの協力無しには不可能な行脚でもありました。

ブログランキングに参加してみました
↓ポチっとお願いします、


親として

FC2DSC05117目線加工
α900 + AF 24-105 F3.5-4.5(D)
子供を連れて撮影に出かけた時の一シーンですが
春先に風邪をひく心配が少なくなったので津和野の町を散歩してみました、

散歩しても気になるのは子供の兄弟としての仲の良さ、
将来、大人になった時に助け合いが出来るかは心配のタネです、
それも含めて子供と出歩いた時は記録を残す様にしています





FC2DSC05120.jpg
α900 + AF 24-105 F3.5-4.5(D)

手を繋いで歩いて行く二人を撮りましたが
親として考えさせられる一枚にもなりました。



前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。